Welcome to

演劇ニッケル

Home / ARCHIVES

ARCHIVES

2013年02月02日・・・・・・・みずほ演劇祭2013『マジョリティの定理』

——————————————————————————-


2014年01月25.26日・・・・・みずほ演劇祭に合同公演として参加

——————————————————————————-


2014年10月12.13日・・・・・本公演001『鉄線ロメオ』

1411781508293

【作・演出】 西野 勇仁

【出演】 髙田 健太・杉山 伊緒里・大津 京子・仲村 游図・吉田 和充

稀代の悪役レスラー 「鉄線ロメオ」 が 引退する。

誰かが 跡を 繋がなきゃいけないらしい。

誰かが 闘わなければ ならないらしい。

有刺鉄線のリングは まだ そこにあるのだから。

——————————————————————————-


2015年1月31.02月01日・・・みずほ演劇祭2015『怪体新書』

——————————————————————————-


2015年03月07.08日・・・・・きたがた演劇フェスティバル『新学期神話交響曲』

1423663713895

【作】 西野 勇仁 【演出】 髙橋 利明

【出演】 髙田 健太・杉山 伊緒里・大津 京子・吉田 和充・立川 日向子・永田 陽菜・西野 勇仁 ほか

新学期が始まった。

だけれど 何かが おかしい。

何かが。

夏休み前 とは 違ってきている。

世界の変化に翻弄される女子高生 と その周囲の人々を描く群像劇。

——————————————————————————-


2015年10月17.18日・・・・・本公演002『珈琲豆と機関銃』

1437107720976

【作・演出】 西野 勇仁

【出演】 髙田 健太・吉田 綾・立川 日向子・仲村 游図・大津 京子・吉田 和充

ソーダ水の 泡 が弾けて消えていくように、 

「田中 彼方」 は姿を消した。

消えた彼方を追いかけて、 

「中田 遥」 は奔走する。

決して会えない二人を巡る 初恋 と 喪失 の物語。

——————————————————————————-


2016年1月23.24日・・・・・・みずほ演劇祭2016『坂路の、すたるぢや』

——————————————————————————-


2016年10月9.10日・・・・・・本公演003『虹色のリリー』

1471153205150-1

【作・演出】 西野 勇仁

【出演】吉田 綾・今泉 蜜柑(劇団アルデンテ)・仲村 游図・吉田 和充

彼女が死んだ後も、彼女は多くの人に愛されていた。

それはきっと、彼女が多くの人を愛したからだろう。

例え人間が滅んだ後も、きっと世界は愛し合うだろう。

愛は化石となって、世界を愛するだろう。

——————————————————————————-


2016年12月29~31日・・・ミソゲキ2016『炬燵の愛しみ』

——————————————————————————-


2017年11月4.5日・・・・・・本公演004『ライラックライク』

おもて

【作・演出】 西野 勇仁

【出演】吉田 綾・野原真理子・立川日向子・岡本拓也・仲村 游図・吉田 和充

少女たちは歩く。まぶしい朝に。

風吹く昼に。喧嘩した夕に。涙した夜に。

「歩く」という行為は、祈りにも似ている。と、思う。

少女たちは、嘘をつく。

「嘘」というものは、願にも似ている。と、思う。

——————————————————————————-


2017年12月23日・・・演劇鑑賞会『その先に、』

——————————————————————————-


2018年1月6日・・・演劇ニッケル主催 成人公演


 

>> <<